丸い窪みのあるタイプのカギがカッコイイのでそれに替えたい

「東京都内」だけでも、莫大な数のご家族が住んでらっしゃると思いますが、僕が今住んでいる埼玉県もそれに近い数の家庭が、それぞれ日々生活を営んでいます。
そして、その各家庭はどんな形であれ、「住居」という云わば「入れ物」に住んでいて、その数は家族の数以上に存在しています。例えば、僕は今一人暮らしをしていますが、これは両親と離れて暮らしているということで、言い換えると「一つの家族で二つ住居がある」という恰好です。二つ住まいがあるということは、それだけの数のドアやカギがあり、それぞれにデザインされたその物があるということにもなります。
これだけ膨大な数のドア・カギがあるなら、他との差別化のため、どこかで個性を出したいと僕は常々思っていました。

ドアハンドル(ドアノブ)| アトリエユニオン

しかし、これらの部分をあまり変に突飛なデザインにしては、この日本では悪目立ちしてしまいます。僕が理想とするのは、他とは明確に違うデザインで、スマートなイメージを持ちつつも、出来ればパッと見で分からないようなところにある差別化です。
この理想とするイメージにあるものがないかと、僕は時間がある折にいろいろ探していたのですが、中々良いものを見つけることが出来ませんでした。

セリュールプレミア|商品紹介|防犯対策のためのオートロック電子錠ならコマニーのセリュール電子錠

しかしつい先日、この「パッと見では分からないが、明確に他とは違う」個性を持ったデザインに出会うことができたのです。
それは、側面に小さな丸い窪みを持ったタイプのカギで、非常にスマートかつカッコイイ姿に仕上がっている「ディンプルキー」と呼ばれるアイテムです。これなら、ドア本体のデザインを変えず、かつ僕が求めるイメージを表現できます。

迅速なかぎの開錠

幸いにも僕が住んでいるのは両親から譲られた一軒家です。早速次の休みにでも、この丸い窪みのあるカッコイイディンプルキーに付け替えてみたいと考えています。